アンコールの王道を行く - 田村仁

アンコールの王道を行く

Add: ozapivak91 - Date: 2020-12-04 06:25:05 - Views: 8888 - Clicks: 1475

アンコールの王道を行く: 著作者等: 田村 仁 石沢 良昭: 書名ヨミ: アンコール ノ オウドウ オ ユク: 出版元: 淡交社: 刊行年月: 1999. 田村, 仁(1942-) 石沢, 良昭(1937-) 書誌id: ba以下のlink先でもこの図書の. 2 形態: 198p ; 26cm 著者名:. ユーザーレビュー|アンコールの王道を行く|書籍, 本情報|アート・エンタメ|アート・デザイン|HMV&BOOKS online Pontaポイント使えます!. アンコールの王道を行く 資料種別: 図書 責任表示: 田村仁写真 ; 石沢良昭文 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 淡交社, 1999. 資料id 貸出状態 注記; p/th:貸出可 アンコールの王道を行く. (12/15時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:アンコール ノ オウドウ オ ユク|著者名:田村仁、石沢良昭|著者名カナ:タムラ,ヒトシ、イシザワ,ヨシアキ|発行者:淡交社|発行者カナ:タンコウシヤ|ページ数:198p|サイズ:26】. 著者:田村仁 出版者:.

アンコールワット 数々の遺跡の美を堪能 なぜ、忘れ去られた遺跡というのは、こんなにも人を惹き付けるのでしょう? この写真集が、ポルポト政権による内戦が終わって間もない頃から撮り続. タイトル: アンコールの王道を行く: 著者: 田村仁写真 ; 石沢良昭文: 著者標目: 田村, 仁: 著者標目: 石沢, 良昭: 出版社. Amazonで石澤 良昭, 田村 仁のアンコールの王道を行く。アマゾンならポイント還元本が多数。石澤 良昭, 田村 仁作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

Pontaポイント使えます! | アンコールの王道を行く | 田村仁 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 内戦のため、取材不可能だったアンコール遺跡群を初めてカメラに収め、謎に包まれた王朝の全貌に迫る。 アンコ-ルの王道を行く / 田村 仁【写真】/石沢 良昭【文】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. アンコールの王道を行く: 田村仁 写真 ; 石澤良昭 文: 淡交社: 1999. 英訳本「Along the Royal Roads to Angkor/アンコールの王道を行く」文:石澤良昭 写真 :田村仁 Weatherhill発行 年第7刷(1999年英語版初版) 定価:24.

石澤 良昭,田村 仁『アンコールの王道を行く』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. アンコールの王道を行く 。 外部サイトで調べる: 著者名等 。 田村 仁/写真 。 石沢 良昭/文 。 出版者 。 淡交社/京都 。 出版年 。 1999. アンコールの王道を行く / 田村仁写真 ; 石沢良昭文 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: アンコール ノ オウドウ オ イク 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 淡交社, 1999.

田村仁(タムラヒトシ) 1942年群馬県生まれ。1966年に初めて東南アジアの取材に出て以来、全アジアで遺跡や宗教美術、生活文化をテーマに取材を続けている。一年の半分はアジア各国に滞在して取材をする生活。. 34㎏ paperback (淡交社刊原著内. 1999/02: 3465: ふたご象のチムとチュム 文化出版局: 大型本: 1998/11: 1680: おぼうさんになった少年ピタック―タイ (アジアの子どもたち) 草土文化: 単行本: 1998/02: 2625: angkor―密林の王土アンコール 恒文社. アンコールの王道を行く フォーマット: 図書 責任表示: 田村仁写真 ; 石沢良昭文 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 淡交社, 1999. アンコールの王道を行く 淡交社: 単行本(ソフト.

英訳本「Along the Royal Roads to Angkor/アンコールの王道を行く」文:石澤良昭 写真:田村仁 Weatherhill発行 年第7刷(1999年英語版初版) 定価:24. 95米ドル 200頁 20. 田村 仁 作家田村 仁はその素晴らしい作品で世界中に知られています。 彼は長い間ビジネス・経済, アート・建築・デザイン, ビジネス実用, マーケティング・セールス, 日本の伝統文化, 写真のスクリプトも書きました。.

著者 田村仁 写真 ; 石澤良昭 文 ; 出版社 淡交社; 刊行年 1999年; ページ数 198p; サイズ 26cm; ISBN. アンコール ノ オウドウ オ イク. アンコールの王道を行く フォーマット: 図書 責任表示: 石澤 良昭 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 淡交社, 1999 形態: 198p ; 26cm 著者名: 石澤 良昭 書誌ID: JT50085393. 2: ページ数: 198p: 大きさ: 26cm: ISBN:: NCID: BA※クリックでCiNii Booksを表示: 全国書誌番号:※クリックで国立.

アンコールの王道を行く/田村 仁/石沢 良昭(歴史・地理・民俗) - かつてインドシナ半島全体に、王の行幸や戦略、交易や文化交流のための王道を張り巡らせたアンコール王朝。. アンコールの王道を行く Format: Book Responsibility: 田村仁写真 ; 石沢良昭文 Language: Japanese Published: 京都 : 淡交社, 1999. 田村仁写真 ; 石沢良昭文. アンコールの王道を行く 田村仁,石澤良昭 編 淡交社 アンコールへの長い道 土方美男 著 新評論 アンコール・ワットへの道~クメール人が築いた世界遺産 石澤良昭,内山澄夫 著 JTB アンコール・ワット第一回廊浮き彫りの詳細な解説があり、お勧め。. アンコールの王道を行く 田村仁 写真,石澤良昭 文. アンコールの王道を行く - 田村仁 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 2 。 ページと大きさ 。 198p/26cm 。 内容注記 。 〈アンコール〉周辺歴史年表:p194〜195 。 件名 。 カンボジア-写真集 。.

古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. アンコールの王道を行く 田村仁; /09/28 00:04:59 (最新版). 田村仁: 氏名ヨミ: フルネーム代替: 人物・団体の種類:. 2: おぼうさんになった少年ピタック : タイ: 田村仁 写真・文: 草土文化: 1998. Amazonで石澤 良昭, 田村 仁のアンコールの王道を行く。アマゾンならポイント還元本が多数。石澤 アンコールの王道を行く - 田村仁 良昭, 田村 仁作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

著者: 田村仁. 34㎏ paperback (淡交社刊原著内容説明) 内戦のため、取材不可能だったアンコール遺跡群を初めてカメ ラに収め、謎に包まれた. アンコールの王道を行く フォーマット: 図書 責任表示: 石澤 良昭 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 淡交社, 1999 形態: 198p ; 26cm 著者名: 石澤 良昭 書誌ID: JT50085393 アンコールの王道を行く - 田村仁/写真 石沢良昭/文 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 2: ふたご象のチムとチュム: 田村仁 写真・文: 文化出版局: 1998. アンコールの王道を行く 1999/02/01 石澤 良昭, 田村 仁 単行本. 著者「田村仁」のおすすめランキングです。田村仁のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:(たむら・じん)株式会社アド・スタディーズ代表。田村仁文章塾塾長。.

アンコールの王道を行く 田村仁写真 ; 石沢良昭文 淡交社, 1999. 追分コロニーは「豊かな暮らし」をテーマにした「村の古本屋」です。人がこころ豊かな生活を送るための様々な遊び的「衣・食・住、アート、音楽、旅、趣味、健康、文芸、経済、社会、哲学、政治」 等の幅広い本を集めています。. 11: 象使いの少年スッジャイとディオ: 小河修子・文.

/190180/276 /7670f9e6 /9e4cb6d644b/109 /77284022

アンコールの王道を行く - 田村仁

email: epidy@gmail.com - phone:(503) 329-6650 x 1966

乾いて候 下巻 - 小池一夫 - 年後のニッポンを良くする 日本の未来を探るプロジェクト

-> 中野元のこれだけ!!宅建 区分所有法・登記法・宅建業法・制限法令・常識・税法・平成元年 平成2年版 後編 - 中野元
-> 黄金の明星 - 武喜仁

アンコールの王道を行く - 田村仁 - TOTAL


Sitemap 1

わかる測量概説 - 春日屋伸昌 - 井上小百合ファースト写真集